• 吸血する虫

    吸血することで、人々に大きな不快感を与える南京虫については、まだ知らない人も多いことでしょう。南京虫をは人体にも影響を与えるので、見かけた時には害虫駆除業者に連絡して対応してもらうと良いでしょう。

    Read more
  • まずは駆除

    南京虫に噛まれてしまった時には吸血されるので、皮膚科の診断が必要となる場合がほとんどです。虫が増える季節に多く発生する南京虫は、駆除剤などを購入して被害を未然に防ぐことが大切です。

    Read more
  • 見積からとる

    南京虫は、近年増加傾向を見せるカメムシ目トコジラミ科に属する昆虫です。数ミリで一匹が目視できる大きさとなります。南京虫は危険な害虫として知られています。血を吸う昆虫であり、一度発生したら大量発生してしまう恐れがあるのです。

    Read more

脅威の害虫

防虫防鼠を専門業者に委託

食品業界では、異物混入に対する危機感は年々高まってきており、さまざまな対策が行われてきています。これまではどちらかというと性善説を基に管理を行ってきたわけですが、これからは、より厳しく、監視カメラを設置するなどの対策も進んでいるのが現状です。しかし、こういった先進技術を使用しても十分な対策を行えないものがあります。それは害虫の混入に対する対策です。もちろん建屋の改善であったり、虫が寄ってきにくい電灯などハード面の改善はするものの、完全ではありません。一回の混入で、場合によっては数千万円の被害にもなるといわれている虫の混入に対して、年間100万円から数百万円の害虫駆除のための費用は、安全と信用を維持していくためには、むしろ安いと言ってもよい金額です。

害虫駆除業者の鉄板対策

こういった害虫駆除業者と一般の素人の対策の根本的な違いは、原因に対して適切な対策をタイムリーに打っていくという点です。一般的に、虫を見ると、その虫を殺すことにやっきになり、その虫を特定して、生態からどこからやってきた虫であるかまでは調査しないものです。害虫駆除業者は、この虫の種類を調べ、どこからやってきた、もしくはどこで発生しているかを特定し、その虫を殺すことはもちろんですが、その原因を排除していくことに主眼を置いています。それは、害虫駆除業者が、再発防止をするためには、原因の除去こそ、最大の対策になるということをわかっているからです。そのためにも、事故が発生する前に対策が打てるように、捕虫器、粘着トラップなどを効率的に用いて、虫の発生状況に目を光らせています。